夜遊びハック!~世界の夜遊び~

世界中の国にある男の夜遊を懇切丁寧にご紹介します!

フリーダム?寝巻き女と若い女と、、、ラオス夜遊びについて

time 2016/08/26

フリーダム?寝巻き女と若い女と、、、ラオス夜遊びについて

「ムアンシンに遊びに行こう」

 

 

ラオス北部ムアンシンに置屋があり、そこで売春婦と行為が出来ます。

 

食堂置屋タイプもあり、飲食を楽しみながら好みの女の子を

物色出来るのです。

 

やりたい男にとっては、食欲も満たせるし性欲も満たせる

一石二鳥の場所になります。

 

現地の方々はお金が無いのかあるのか分かりませんが

好きな女の子を隣に座らせて乳を揉むわ触るしかしません。

 

好きな女の子を見つけたら、連れ出しても問題ありません。

 

置屋は基本的に売春婦の宿泊施設みたいなもので

売春婦の方は寝泊りをしていることが多いです。

 

部屋でスタンバイしている女の子から

寝巻きで化粧をしている女の子まで

売春婦の女の子は結構自由に生活しているようです。

 

時間等はあまり厳しく決まっていないのか、相手をしてくれる

女の子はバラバラ、中にはスタンバイが終わっておらず

部屋から追い出されることもあるとかないとか。

 

女の子は若い子が多く、年寄りの売春婦はあまりいないみたいです。

若い女の子限定、もしくはロリ系が好きな男の人には

ドンピシャで好みの女の子が見つかると思います。

 

お客の層は中国人が多く、お店に入ってくるなり

食事は食い散らせながら、女の子にセクハラ三昧します。

 

現地人のラオス人と中国人の折り合いは悪く

喧嘩が起きる事もざらにあるそうです。

 

中国人をけなす訳ではないのですが、マナーが悪く

売春婦の女の子も嫌悪感をもろに出しているそうです。

 

性行為をする部屋は綺麗で不潔ではありません。

置屋と聞くと不潔なイメージを持つと思いますが

ある程度清潔にしているので、安心して行為が出来ます。

 

大体の相場は100kip(7988円)になります。

置屋によって料金は異なります。

 

若い子がお好きな方は、ぜひムアンシンへ!!

 

 

down

コメントする




台湾


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。